クリスマスを一緒に過ごすための3つのアプローチ方法

クリスマスと言えば、子供の頃は家族と過ごし、大人になると好きな人と過ごし、家庭を持つと家族と過ごします。つまり、大切な人と過ごす1日だと言えます。

では、独身女子は彼や意中の人と過ごせると嬉しいですよね。カップルでクリスマスを過ごす人は多いですが、カップルでない男女がクリスマスを一緒に過ごすのはお互いに好意をもっている表れでもあります。

つまり、お付き合い前にクリスマスを二人で過ごす事ができたらほぼ相思相愛と思っても良いです。また、異性からクリスマスにデートを誘われたら相手に好意があると思っても良いでしょう。

そこで、クリスマスを一緒にすごすためのアプローチ方法を幾つかお教えします。


アプローチ方法1:クリスマスがフリーであることを申告する

クリスマスと言えば予定が入っている人もいます。男性は繊細なので確信がないと誘えません。誘いやすくするためにも、フリーであることを告げましょう。

また、クリスマスまでには彼が欲しいなと恋人募集中であることも言うと「俺、立候補しようかな」と思う人もいます。

アプローチ方法2:相手がクリスマスフリーであるかもリサーチする

自分はフリーだけれども意中の相手が予定ありだと残念です。もし、男の友達と数人で過ごすと分かれば、自分も女友達と一緒に相手の輪に合流することもできます。

グループだと友達関係も知れるし、隣の席をゲットするとこそっと「次は一緒に過ごしたい」と好意を伝えることもできます。その際のポイントは同じ友達を味方につけることも大切です。また、相手がクリスマスフリーであることを知ると一緒に過ごせるチャンスかもしれません。

アプローチ方法3:クリスマス一緒に過ごしたいことを告げる

自分もフリー、相手もフリーだと知ったなら、一緒に過ごしたいという気持ちを伝えることも大事です。

例えば、「お互いにフリーなら、一緒に過ごさない?」とストレートに誘うのも良いです。また、まだ距離がある関係なら、何かクリスマスにしているイベントや食事券を「これもらったんだけど、友達みんな予定入ってるから、一緒に行かない?」と誘うのもよいでしょう。

もし、二人ではっていう返事ならば、お互いに相手のことを知る期間をもう少し取りながらアプローチをつづけるような戦略を立てることもできますし、今回のクリスマスはグループデートと方向を変えることもできます。

まとめ

以上、クリスマスを一緒に過ごすためのアプローチについてお伝えしました。今は男性が草食的だからこそ、女性から積極的に、でも男性から告白できるシチュエーションを作ってあげるようにすることも良いでしょう。

今年のクリスマスが素敵なカップルでいっぱいになることを楽しみにしています。

【都道府県別】脱毛サロンと脱毛クリニック一覧はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ