男性が誘いにくい女性の4タイプとは?

「対して可愛くもないのに何故かあの子はもてる」「美人なのに、なぜかずっと男がいない」そのような女性って、結構いると思いませんか?

あるいはあなたは「なぜ自分はそこそこ綺麗でスタイルもいいのに、彼氏がずっといないんだろう」と思っていませんか?もしかしたらあなたは、男性が誘いにくいタイプの女性であるかもしれません。

今回は誘いにくい女性の4タイプを解説します。

タイプ1:ガードが硬過ぎる女性

ガードが堅過ぎる女性は、付け入る隙を相手に与えないので誘いづらいです。
あまりにもかたくなに拒まれてしまっては、男性は戦意喪失してしまいます。もてる女性は、好きなタイプの男性の前ではわざと隙を見せて誘いやすい雰囲気を演出するのが上手です。

タイプ2:すごく綺麗な女性

美人も誘いづらいという男性も多いです。
見た目を重視するのに美人が誘いづらいというのは矛盾していると思いますが、あまりにも綺麗だと既に相手がいるとか、自分では端から相手にされないだろうと思ってしまうのです。

タイプ3:頭の良い、高学歴の女性

高学歴で頭が良い女性も、男性は誘いづらいと感じるようです。
やはり男性は自分が女性をリードしたいと考えるものですので、それよりも上に行かれるのは困ってしまうのです。バカにされるのではという気持ちもあるようです。

タイプ4:品の無さ過ぎる女性

品の無い女性も男性はあまり誘いたがりません。
品の無い女性とは、食事のときのマナーが悪かったり、大きな声でしゃべったりするような女性のことです。もしそのような女性と一緒に居るところを見られると恥ずかしいという心理もありますし、やはり品の女性が良いということでしょう。意外と男性は見ていますので、同性といるときでも行動には気をつけましょう。

4タイプまとめ

男性が女性を誘いにくいなと感じるポイントをまとめると以下の通りです。
・ガードが堅過ぎる女性
・すごく綺麗な女性
・頭の良い、高学歴の女性
・品の無さ過ぎる女性

つまり、男性の戦意を失わせるような女性はデートのお誘いのチャンスが減るということです。

あなたは自分がそのようなタイプに当てはまらないか、今一度考えてみましょう。

【都道府県別】脱毛サロンと脱毛クリニック一覧はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ