好きな男性へのアプローチの仕方はあいまいに好意を表すのがベスト!?

好きな人へのアプローチするときに積極的すぎて失敗するパターンは意外と多いです。鼻息荒くアプローチするだけでは好きな人にうまくアピールすることはできません。

何故なら男性は女性と違って追われるとつい逃げてしまうという習性を持っているからです。積極的に男性に話しかける女性がモテるというなら、アプローチも積極的にしたらいいでしょう。


積極的にアプローチしたらいいの?

ですが積極的にぐいぐい行くタイプの女性はあまりモテないと思いませんか。実際にモテる女性は積極的にぐいぐい話しかけたりはしないのです。

むしろ男性側からアピールしてもらえるように「仕向け」ます。これがモテる女性の特徴です。

私も昔は自分が好きと思った人の一直線に告白するタイプでしたけど、なかなか自分が好きなった人とはうまく行きませんでした。こちらから好きになってアピールすると、ことごこくフラれてしまうのです。

「なぜうまくいかないんだろう?」と思って試行錯誤しました。そして男性からちやほやされる女性を見て学ぶことにしたのです。

学年で良くモテる女子を密かに観察しました。そして共通点に気づきました。

モテ女の共通点は?

皆ストレートにアピールしないのです。モテる女性は男性にストレートに好きと言いません。

「私○○君みたいな人がタイプかも」とか「○○くんが彼氏だったら相手幸せそうだよね」のように好きを匂わします。ストレートに「○○くんが好き」と言うよりもこのまどろっこしい感じの方が男性を意識させるみたいです。

男性は好かれていると確信するよりも好かれているかも?と期待させた方が意識してくれます。つまりアプローチとしてはこちらの方がうまくいくのです。

これを学んでから実践してみました。すると好きな人を徐々に意識させることができて、自分から告白することなく、逆に告白されて付き合うと言う状況に持っていくことができました。

「あいまい」で相手を揺さぶるが吉

モテる女子を観察した努力が実った気がしました。ですから皆さんもアプローチは「ストレート」よりも「あいまい」にすることをオススメします。

彼にあいまいな好意の言葉でアプローチして、一度彼に意識させる時間を与えてあげることが上手なアプローチの方法だと思います。

【都道府県別】脱毛サロンと脱毛クリニック一覧はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ