片思いで失敗する男性の3つのパターン

失恋女性に対してアプローチをかけているにも関わらず、片思いのまま失敗する男性を見かけます。どこを間違ってしまったのか気になりませんか。

特に毎回失敗する人は、男女による様々なサインの違いに気づかない人が多いようです。


パターン1:マメに連絡を取って失敗するケース

例えば、片思いの相手とメールや携帯でちょくちょく連絡を取れるようになったところで告白して失敗することがあります。

女性にとってメールや携帯はあくまで普通の友達レベルの連絡手段です。むしろ連絡がまめに取れるほど、友達で終わってしまう相手となるのです。

好きなら、直接会う機会を作るよう心がけましょう。女性は直接会うことで初めて、恋愛対象にするかどうかを考え始めます。告白もメールでは軽く流されてしまいますよ。

パターン2:すぐあきらめる

女性に告白を保留されたところで、あきらめてしまう男性もいるようです。男性にとって答えの保留は断られたも同然の扱いですが、女性にとって保留はあくまで保留なのです。

改めての返事が来るまで待っているようでは、本当に断られてしまいます。今まで通り連絡を取りながら、でも返事を急かさずに余裕をもった態度でいることが大切です。

パターン3:両想いになりそうなのに些細なことで失敗

両想いになりそう、というぎりぎりのところで失敗している人もいるようです。こんな人は、相手の女性が嫌うようなことをしていないか自分を振り返ってみてください。

女性は減点方式

男女の違いとして、他人への評価が男性は加点方式、女性は減点方式と言われることがあります。男性はいいところを見つけては惹かれていき、女性は嫌な部分を見つけては嫌っていくのです。

女性は男性から見るとあり得ないほど細かいことを覚えています。人を見るときにどれだけ嫌なことがあったのか減点方式なのも、その記憶力があってこそなのです。

女性は傷つけられたことを許すことはできます。でも、決して忘れることはありません。

片思いの相手に好かれるような行動は素敵なことです。同時に、嫌われるような発言や行動は決してしないように心がけてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ