片思いで失敗する女性の3パターン

あなたは片思いのまま恋に失敗してしまうことありませんか?

「あの人が彼氏になってくれたらいいなぁ」と思いは募るけど、いつも失敗してばかりでは恋に臆病になってしまいますよね。このまま臆病になっても恋は実りません。ここでは、片思いで失敗してしまうパターンを3つ紹介しますのでしっかり覚えておいて次の恋愛に生かしましょう。

パターン1:結局告白しない

まず、最も多いのは恥ずかしいという理由から告白しない女性です。告白は、相手の気持ちもある程度自分に向いていないと難しいものですよね。しかし、アプローチが全て受け身のままの人は片思いで終わりやすいものです。

「好きです」と言葉で伝えるだけが好意を伝える方法ではありません。好意を伝える方法は様々なものがあります。直接的なものが苦手であれば、少しずつ距離を縮めていくことを考えればいいのです。本当に好きならいつもより積極的になりましょう。

待っていたところで、相手の男性から声をかけてくれることはまずありません。後悔しないためにも必ず気持ちは伝えておきましょう。

パターン2:誘って断られて諦める

一度だけ食事やデートに好きな人を誘って、断られたらあきらめる人も多いようです。そこですぐあきらめたらもったいないですよ。

男性は意外なまでに、好意を寄せられた相手を好きになりやすいものです。あなたが誘ったタイミングでは、本当に都合がつかないだけなのかもしれません。ストーカーになれとは言いませんが、好きならほんの少し粘ってみてください。本当に駄目なら、男性はあっさり言葉にしてきます。

パターン3:友達協力

友達に協力してもらおうとする人も、失敗しやすいようです。

一般的に男性は、友達伝いでのアプローチをとても嫌がります。女性と違い、当事者以外が付き合いに混ざってくることをよしとしないのです。

それに、本当に魅力的な人だったら仲立ちをお願いした友達もその人に惹かれる可能性だってあります。協力を頼んだつもりが、その友達と好きな人が恋人になってしまったなんてよくあることです。恋がそんな結果で終わってしまったら、とても後悔すると思いませんか。

片思いの間は、自信がなく友達に頼りたくなります。でも、あくまで相談するだけにして、実際の行動は自分自身で行いましょう。

【都道府県別】脱毛サロンと脱毛クリニック一覧はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ