男性の見る目を養うための4つのポイント

男を見る目「あの子はどうしてあんなに男性運が悪いのだろう」という女性って、必ずと言っていいほど身の回りに一人ぐらいはいますよね。あるいは、あなた自身がその男運の無い女だと言う人もいるのではないでしょうか?

もしかしたら男運が悪いと嘆いている女性は、男性の見る目が無いのかもしれません。恋愛で失敗を繰り返さないためにも、男性の見る目をしっかりと養いましょう。


男性選びで失敗する女性とは?

男性選びで失敗する女性には、若い時にあまり男性と接していない傾向にある人がいます。例えば、兄弟もいなくて女子高育ち、子供から思春期を経て大人になる段階であまり男性に接していない人は、それだけ男性に対するイメージ像を作り上げてしまいます。

そのような環境で育った女性は、交際に発展した後でも異性との関係がうまく築けない場合もあります。

恋は盲目?

恋してしまうと周りの意見にもまったく耳を貸さず、突き進んでしまうような女性も男性の見る目が無い場合が多いです。

恋愛の温度が高いうちは、相手の欠点も何もかもが良く写ってしまうものです。「強くて男らしい男性」と思っている男性が実は周りの目からはただの乱暴者に写っていることだってあります。

仕事もろくにせず夢ばかり追いかけている安定感の男性も、恋している女性からは「夢を追いかけている素敵な男性」となるかもしれません。また、母性本能が強く世話好きな女性はダメな男性と付き合ってしまう傾向にあります。

男性の駄目な部分、弱い部分に母性本能をくすぐられて、支えてあげたいとつい思ってしまうのです。多かれ少なかれほとんどの女性がそのような心理は有るかもしれません。しかし、あまりそれが強いようだと、だらしない人とばかり付き合ったり、逆に相手を駄目にしてしまったりすることもあります。

見る目を養うための4つのポイント

  • 恋愛をすると周囲が一切見えなくなる
  • 異性に過剰な期待、イメージを作り上げている
  • 学生時代に異性と接していない
  • 世話好きで母性本能が強い

これらの条件に当てはまる人は男性の見る目が不足している可能性があります。一度冷静になって考えてみましょう。

【都道府県別】脱毛サロンと脱毛クリニック一覧はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ