友達の紹介で彼氏・彼女を作る3つのコツ

仲のいい友達に彼氏や彼女を紹介してもらうのもいい方法です。普段からあなたと付き合いが多い友達であれば、あなたのいいところをよく知っているでしょうし、会わせてもらうこともできます。

向こうの人にも「あなたのことをあらかじめ話してくれた上で会いたい」ということになるかもしれません。紹介ともなれば変な人とあわせられる可能性も低くなります。そうなれば、友情にもひびが入るからです。

引き合わせてもらったら、その後どうなったかを報告すると喜ばれます。うまくいっていたらダブルデートもできるでしょう。

コツ1:友達の彼氏・彼女の友達を紹介してもらう時

友達に付き合っている人がいれば、その人の知り合いを紹介してもらうこともできます。彼氏や彼女にできるかどうかは、会ってみなければわかりません。

気持ちが添わないのにムリに付き合っていると、あとから問題が生じることもあります。自分に合っていない人だとわかったら、感謝しつつ断りたいものです。判断しにくかったら、何度か会いながら知り合うこともできます。

コツ2:友達の元カレ・元カノを紹介してもらう時

引き合わせてもらった人が友達の元カレや元カノであったりすることもあるかもしれません。振ったことに責任を感じている場合もあるでしょう。

「私のせいであの人が不幸になってしまわないよう、誰かいい人を見つけてあげなくては。」そんな親切心から出ているかもしれないのです。でも、あなたと相性が合うならそれでいいのです。過去のことはあまり詮索しないで済ませましょう。

コツ3:待ち合わせの場所は?

友達から紹介してもらう場合には、喫茶店やカフェといった場所で待ち合わせする事が多いでしょう。あるいはドライブやツーリングの際に自然に知り合うようにセッティングしてもらえるよう頼んでみることもできると思います。

誰かの家で一緒に映画をみたり、ショッピングモールに買い物に行ったりするのもいいでしょう。自然に出会うとお互いに束縛感がなく、お付き合いもスタートしやすいです。

彼氏や彼女ができたら、毎日が喜びに違いありません。ドライブするにしても、映画を見るにしても、楽しさが2倍になるのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ