【アイテム別】女性ウケするクリスマスデートコーデ(コーデ例付)

クリスマスは女性にとっても一大イベントです。男性も普段は洋服に気を使わない方もクリスマスくらいは少し頑張ってオシャレをしてほしいです。

ただし、女性のオシャレと違って男性のオシャレはやりすぎると「このために買ってきました感」があふれてしまうので、こなれ感を演出しつつ、さりげなくおしゃれをすることが必要です。

クリスマスはデート時間が長く、室内にいる時間も長くなるのでインナーにも注意しましょう。それでは女性ウケするアイテムをご紹介しましょう。


アウター

クリスマスデートのとき一番はじめに女性の目がいくのがアウターです。第一印象を決めるので慎重に選びたいですね。女性ウケしやすいアウターを選びました。

・ダウンジャケット…一番定番のアウターです。いつもは中綿のダウンジャケットの方も素材だけ変えてみるだけでぐっとオシャレになります。おススメはレザーです。コートのラインもスリム型が多く、急にこなれ感が演出できます。

スウェードもいつもとは違う落ち着いた上質感を漂わせます。レザーやスウェードはこれ一枚でも絵になります。色は黒、グレー、ダークブラウン、ブラウンが安心です。

・Pコート…こちらも定番ですが、首元がかなりあきますので、インナーをタートルネックや襟シャツにして首元を埋めましょう。女性に心配されるようなファッションはしてはいけません。マフラーなどをしてもいいですね。

色は黒、グレー、ダークブラウン、ブラウンがいいでしょう。

インナー

・Vネックシャツ…首元が見える男性はセクシーです。シルバーアクセサリーをしてもかっこいいですね。色は黒、白、ネイビー、ワインレッド、グレーがおススメです。

・カーディガン…Y字型の薄手のカーディガンとブルゾン型のカーディガンがあります。Y字型のカーディガンの場合は中に襟シャツを着るのがいいでしょう。ブルゾン型のカーデディガンは、それ自体に厚みがあるのでインナーはVネックシャツなどがいいですね。

カーディガンの色は黒、グレー、ベージュ、ネイビーがスタンダードカラーです。

ボトム

パンツはあまり種類がありません。無地のものか柄のものですが、オシャレに自信のない方は無地の方が無難でしょう。形は、あまりダボダボしていないきれいめラインの物が清潔感のあふれる男性に見えるので、ラインだけは注意しましょう。

素材はデニム、綿パンが合わせやすいです。色はアイボリー、デニム色、黒、ベージュ、ダークグレー、ライトグレー、ネイビーがいいでしょう。

寒く見られないように、ショートブーツが定番です。パンツの裾と靴に隙間がないようにしましょう。スニーカーもいいですが、オシャレなスニーカーにしましょう。ショートブーツは革素材の物がベストです。革のアイテムはそれだけで高級感が出ます。色はブラウン、ダークブラウン、黒がコーディネートしやすいでしょう。

ここまでで、「結局、何を着ればいいの?」という方にいくつか実用例を挙げてみます。

コーデ①

<アウター>茶色のレザーのダウンジャケット
<インナー>ライトグレーのVネックシャツ×ベージュのブルゾン型カーディガン
<ボトム>ダークグレーのデニムパンツ
<靴>ダークブラウンの革のショートブーツ
<アクセサリー>シルバーのネックレス
<その他小物>黒のマフラー

コーデ②

<アウター>ダークグレーのPコート
<インナー>白襟シャツ×ネイビーのY字型カーディガン
<ボトム>デニム(濃いネイビー)
<靴>ダークブラウンの革のショートブーツか白のスニーカー
<アクセサリー>なしorシルバーネックレス
<その他小物>なし

コーデ③

<アウター>黒色のスウェード風ダウンジャケット
<インナー>白の襟シャツ×ライトグレーのブルゾン型カーディガン
<ボトム>ベージュの綿パンツ
<靴>ライトブラウンの革のショートブーツ
<アクセサリー>シルバーのアクセサリー
<その他小物>ダークグレーのマフラー

NGコーデ

柄のカーディガン×柄のパンツうるさい感じになるのでやめましょう。上の3つのコーデはあまり冒険をしていませんが、定番のコーデです。ご自身に合うコーデを探して素敵なクリスマスデートになるといいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ