男性が服装でクリスマスデートに失敗しないためには?

1年に1度、最も一肌恋しくなる日。それがクリスマス。そんな日に男性にお誘いを受けたら、その気がなくても誘いを受けてしまいがちなもの。

しかし、だからといって、クリスマスの後も誘いを受けてくれるとは限りません。


服装が一大事

会話の内容だったり、女性に対する気遣いももちろん大切な項目かもしれませんが、まずは服装のことから考えてみたらいかがでしょうか。

女性という生き物は男性が思っている以上に、ファッションに対して敏感であり、それ故に男性の服装に対しても厳しい視線でチェックをしています。せっかくデートに誘ってくれても、待ち合わせ場所に現れた男性がとてもダサかったら、それだけで気持ちが萎えてしまうのはれっきとした事実です。それくらいファッションというのは重要であり、回避してはならない問題なのです。

どうすればいいの?

では、具体的にどのような服装が良いのでしょうか。女性に聞いても「清潔感」とか「なんかおしゃれなやつ」みたいな曖昧な答えしか返ってきません。なぜなら、女性たちも男性の服装のどのようなところが良いのかあまり知らないからです。

これは女性のおしゃれと男性のおしゃれが全く違うものであるために起こる問題です。なので、今回はその曖昧な部分を徹底解明し、どのような服装でもってデートに臨めば良いのかを考えていきましょう。

凝らなくてもオシャレになれる

まずはボトムですね。クリスマスだからといって赤とか安易な考えは今すぐに捨てましょう。

社会人の方でちょっと良いレストランに行くのであれば、なるべくスラックスがあった方が良いでしょう。日本はそこまで厳しくないので大丈夫ではありますが、それでもジーンズは辞めましょう。

色はネイビーかグレーが良いですね。黒は葬式チックになるのでやめましょう。12月25日はイエスが生まれた日です。

トップスはシャツの上にセーターを着るのが良いですね。お願いなので、赤のセーターは辞めてください。だだすべりです。ジャケットを着てもいいですが、仕事帰りだと思われてしまいますし、かえって気合を入れすぎだと思われる可能性もあります。

セーターの色は、なるべくボトムスと色と被らないようにするのが良いでしょう。ベージュやホワイトあたりが無難ですね。

サイズには気をつけて

そして、ファションにおいて一番大事なのはサイズです。ここまで紹介した洋服を着ていてもサイズが合っていなければ一気にダサくなります。新しく買い足すのであれば必ず試着をして、自分で判断が出来なければ、友人の手を借りるなり、店員に助けを求めるなりしましょう。

これだけで素敵な男性が簡単に出来上がります。ファッションとは奇抜な方向を目指さない限り、そこまで努力が必要なものではないのです。没個性になるからと言ってあえて変なアイテムを取り入れようとするからおかしなことになるのです。

さて、ここまでなるべく小奇麗になるように服装をチョイスしてみましたがいかがでしょうか。無理に評価を上げようとせず、普通に格好の良い服装で臨めば、女性からの評価は下がるはずはありません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ