好きな女性をデートに誘う時の3つのコツは?

デートの誘い方は、人によってさまざまですが、概して女性は男性がリードする立場に立つことを好みます。

初デートに誘うのに、男性がテキパキと実行するようにしてください。もし、相手があなたのことをそれほど知らないのであれば、自分がこんな人間なんだとアピールする場が必要です。


コツ1:ゆっくり話す場を

何とか、ゆっくり二人で話せる場を設定することが第一歩です。それには食べたり、飲んだりする場所もいいと思います。

「どこそこにおいしいケーキのお店があるので、今度行ってみない?」くらいのちょっと気楽なアプローチで誘ってみてはいかがでしょうか?

あらたまって、正式にデートを申し込む方法は、相手がちょっとビビッてしまい、断れらる可能性のほうが大きいと思います。

コツ2:初デートは短めに

初デートでは、あまり長くならない時間設定にしましょう。飲みに行って、終電を越えてそのままいるなんてことをしないように気をつけましょう。

あくまでも、健全なイメージを相手に見せて、例えば、9時くらいになったら、「時間だいじょうぶ? もう帰ったほうがいいかな?」とか気遣うようにします。

おそらく、相手は「もう少し大丈夫」といえば、あなたに結構脈ありと考えてもいいでしょう。相手の女性もあなたと居て、楽しいからもっと時間を延ばしたいのです。

しかし、楽しいからと言っても、そのままずっと終電まで引き止めてはいけません。

もう少し一緒にいたいというところで、初めてのデートはちょうどいいのです。相手を気遣っている様子を見て、女性は結構いい気分になります。

コツ3:次回の予約を

脈ありと感じたら、デート中に女性から引き出した情報を元に、次回のデートは、相手が好みそうな場所に行くように取り計らいます。

帰り際に、「○○系の音楽が好きなら、自分も今度聞いてみたいので、一緒に行こうか?」のようにさりげなく誘ってみましょう。相手がとてもうれしそうに反応したら、その初デートに誘うのに成功したということです。

メールアドレスも聞いておいて、すぐにメールをしてみましょう。即座にメールがその女性から来たら、大成功です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ