男性をデートに誘う3つのコツ

女性がデートに誘うのって、ちょっと勇気が要りますよね。「断られたら恥ずかしい?」「デートでは何を話したらいいんだろう?」っていろいろ考えてしまいます。

でも、どうしても気になる人がいて、何とか自分の気持ちに気づいてほしければ、一度二人きりになって、ちょっとお話くらいしたいと思いませんか?

そんな時は、女性らしいデートの誘い方を心得ておくといいでしょう。

デートの誘い方

男性なら結構積極的に電話をしてきて、デートを誘ってきますが、女性はそうはいかないと思います。特に、突然女性から、「明日映画にでも行きませんか?」あるいは、「明日私と会ってくれせんか?」「付き合ってくれませんか?」とか言っても、男性は戸惑ってしまう人が多いと思います。

なぜなら、男性は好きな人を意識したら、習性として、すぐに電話やメールで連絡をとってくるのが普通です。そうではなければ、突然思ってもみない女性からの連絡は「?」と感じることが多いと思われます。

コツ1:友達なら?

デートに誘いたい相手は、もともと友達関係であれば、誘い方も友達ふうにすればいいのです。例えば、「映画の○○がみたいけれど、一緒に見に行ってもいい?」のように、さりげなく聞いてみます。

コツ2:会社の人なら?

また、職場などで気になる先輩とかであれば、たまたま二人きりで話しをしていて、「それじゃ、今度連れて行ってください」のように、先輩としてあくまでもリードしてもらいたいように、かわいらしく誘ってみます。

自然な振る舞いが重要

もし相手に彼女がいなければ、何もしなかったり、あるいはしつこくストーカー行為をしなかったりすれば、成功する可能性はあります。大切なのは自然に振舞うことが大切です。

コツ3:断られても自然に

また、もし相手から、「ちょっと忙しいので、申し訳ないけれど行けない」というような言葉を返されてしまう場合もあります。しかし、もしかすると後日心変わりして、「この間はごめん。○○日なら大丈夫だけど。その日でもいい?」なんてこともあります。

その時は、ひどく落ち込んだりしてはいけません。自然に声をかけたのですから、自然な態度で接することが大切です。絶対に断られたと思った時は、潔く諦めるほうがずっとスマートであることを知ってください。

【都道府県別】脱毛サロンと脱毛クリニック一覧はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ