2回のデートで女友達を彼女にする方法

JO7yWems4Yごく普通の女友達として付き合っていた女性を、友達ではなく、ある日異性として意識するようになる場合もあります。

逆に言えば、このケースは以外と多いものです。

例えば、いつも多数の友達とあちこち出かけていて、別にカップルになることを意識していなかったのに、突然いいなーと思うようになるのって、割とありがちです。

恋愛のきっかけはさまざまです

恋愛のきっかけはさまざまで、最初女友達から、恋人に発展した人は結構いるのではないでしょうか?

女友達と言っても、その程度のお付き合いをしていたかにも寄りますが、もともと男女間において、長く「ただの友達関係」というのは、あまりあり得ないことかもしれません。いずれにしても、もし異性として意識しだした女友達を彼女にしたいと思い出したら、悩んでいないで実行に移すべきです。

2人になる機会を増やす!

いつもグループ同士で行動していたら、なかなか告白できる機会はありません。2人になれる機会をいろいろ模索してみましょう。

皆で会った時に、その女友達の好きな食べ物、あるいは映画やスポーツ等をおしゃべりの中に取り混ぜて、彼女の好みのものを探してみます。

食べ物なら、例えば、ケーキが好きなら、「どこそものお店のケーキが大好物で自分もよく食べに行くので、今度行ってみない」とか「その映画、自分も前から観てみたいと思っていたので、一緒に行ってみよう」等のように、二人きりになれるきっかけを作ります。

2人きりなっても焦らない

そして、いよいよ2人きりで会うことになりますが、それでもまだ友達のように振舞うほうがいいでしょう。つまり、その女友達の反応を探ってください。

もしかすると、彼女が単に友達としての付き合いで、一緒についてきている可能性もなきにしもあらずです。

その日のプランは男性が滞りなくプランして、最後のレストランは落ち着いて話せるようなレストランを選びましょう。また、二人きりになって、じっくり話してみて、その女友達もまんざらでもない様子であれば、その場で、次のデートに誘ってみましょう。

話の中で、彼女が行ってみたいと言った場所等も、よくチェックを入れておきましょう。そして、「次はここに行ってみない?」等、ちょっと次のデートの可能性を探ってみます。彼女がOKであれば、2度目のデートで自分の気持ちを打ち明けてみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ