好きな女性へのアプローチはまず友達からはじめてみては?

ある女性に片思いをしていても、なかなかすぐに恋人関係を築くことはむずかしそうなので、まずは友達として近づいてみようという男性もいます。

もし、ある程度の忍耐力があると思うのでしたら、その方法も悪くはありません。ただし、元々友達同士で会っていて、気になりだしたのなら、まずは一度独自で相手に電話をしてみるのもいいでしょう。


二人になれるような場を設定して

いつも友達がいる中では、折り入って話すこともできないので、二人になれるような場を設定してみましょう。その時点で片思いをしているわけですが、いままで友達だったので、突然のアプローチは唐突に見えてしまいます。さりげなく、映画等に誘って、一緒になれる時間を作り、そのままいい雰囲気なら、2,3回目の会った時に「恋人として付き合ってほしい」旨を伝えましょう。

片思いは、長く続けてはいけません。行動あるのみです。

合コンで出会った相手のときは?

しかし、合コンなどで会って、電話番号をもらった女性に、最初は友達としてと明言して会うのは、なんだかシチュエーションがちぐはぐになります。そもそも合コンをするのは、彼氏や彼女を見つけるための機会を作ることです。

だから、最初から「友達」を強調していると、女性側としては「他の女性にも声をかけて、同じ事をして物色している」と思われてしまいます。つまり、まずは友達とはっきり伝えて会うようにしてしまうと、逆に相手の女性は、最初から完全に友達としてつきあうようになる可能性も大きくなります。

グループ→二人がベター

ですから、最初グループで行動していて、それから特別に二人で会う友達になり、2,3回のデート後恋人としてつきあうという流れが一番自然になるのではないでしょうか。

その設定の場によっては、「友達」を強調していると、プレーボーイにも写ってしまい、女性から警戒心をもたれることもあるでしょう。片思いの女性を何とかしたいのでしたら、話してみて相手の反応を見て、すぐに行動に移すようにしましょう。

友達期間を長く続けていると、その女性に他の相手が出来てしまいます。もし、とても魅力的な女性であれば時間の問題です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ