女性と友だち以上の関係を求めるとき

別れる(振られる)際に「ごめんなさい、お友だちでいましょうね」とか「友だちとしての関係が良い」などと言われたことって、人生生きていれば一回はありますよね。

しかし、友達と恋人の境界線っていったいどこなのしょうか。


友達と恋人の境界線は?

これは、友だちから恋人に発展させていきたい人にとっては重要な問題と言えそうです。

よく友だちと恋人の境界線はエッチをする関係かどうかである、という言葉を耳にしますが、そう思っている方は、なかなか友だちの関係から恋人の関係に持っていくのって難しいのではないでしょうか。

そのように思っていては、いつになっても、「お友だちでいましょう」で終わってしまうと思います。

女性はガツガツした男の人が苦手

女性はガツガツした男の人って苦手だと思っているということは聞いたことがあるでしょうか?

積極性のある男性とガツガツした男性は基本的にはたから見ていても違います。ガツガツ派は心の余裕を全くなくしてしまっていないでしょうか。

友達関係を築いたあとに、そんなガツガツ状態で甘い言葉をかけたり、手をつなごうとしたり、キスを迫ってきたり、今はやりの「壁ドン」をやってこられたら、たいていの女性は一線を引いて友達ですらなくなってしまうと思います。

友だちから恋人になるには?

友だちから恋人になりたいと考えているのであれば、まずは友達でいるときには、自分自身に「いくら好きだと思う気持ちがあっても俺は友だちなんだ」と強く言い聞かせて、本当に男友だちと接する気持ちと同じように接しましょう。

しかしだからといって、相手は女性であることは頭に叩き込み優しく接してください。

友だちとしての関係が熟成してきたら、一歩先に進んで、二人きりになる時間を何かと過ごすようにしてください。その時には若干の男を出しても良いでしょう。

男を全く無くしてしまうと「男性(恋人相手)としてみられない」なんてことになりかねません。結局、ここの兼ね合いが、駆け引きが難しいところではあるのですが…。

二人きりになる時間で、徐々に「更なるやさしさ」を見せながら、それを「恋人にするようなやさしさ」に変えていってください。

このあたりで、彼女の気持ちが自分にあるのかないのかを判断するべきでしょう。

今後の関係をどうしたいのかを決断

また恋人になれなくても友達でいたいのか、それとも恋人になれなければもう関係はいらないのかを決断しましょう。

そこまで決めたうえで付き合いたいならば、「友達としての関係も良いが、自分としてはそれ以上の関係を求めている」ことをはっきり告げましょう。

後の判断をするのは彼女自身で、固い決心をして臨んだ告白は無駄にはならないでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ