フィーリングのあう友達からの恋人はうまくいく

小学校の学生時代から思い出しても男性には平気で話せるタイプの女。どちらかというと勉強もできるし活発なほう。

だからそういう女性は彼女というより多分友達という場所があっていたのかもしれません。高校時代に初めてできた彼氏はとてもシャイ。同じ部活内で告白されたので年齢的にもお年頃。恋愛したくてOKしてみたものの、いまいち盛り上がりに欠けました。


好きになる努力はしたが

好きになる努力はしたのですが、友達っていうレベルからのスタートでもなかったので見る映画、話す内容、持っているモノなど全てがちぐはぐで結局自然消滅に。大学時代になって同時期に二人気になる人がいました。

といってもかなり違うタイプの二人でした。

一人は先輩で、筋肉むきむきスポーツマン。年上で成績優秀ということもあり、甘えられたいタイプのよう。ぐいぐい押しても結局はお嬢様タイプが好みのようで活発女子はからかい対象の妹扱いに終わりました。

もう一人は同い年、予備校時代の友人からスタート。浪人に留年までしておしり叩いてあげないとなかなか動けないダメなタイプ。でもいろんな意味で変えていくことは可能なのがいいところ。

友達から恋人にはなれる!

友達から恋人にはなれるというのが持論です。友達からだったら、だいたい素でのその人が飾らないダメなところも、他の交流関係だって目に見えてわかります、むしろわかってしまいます。

だから安心というか、変にこちらも遠慮はせず自分で接することができます。がんばりすぎなくても大丈夫。確かに生理的にこの人無理!なことはあると思います。別に特別イケメンでなくても、おしゃれな服を着こなしていなくても自分的にありならいいんです。

どうしても苦手な部類は正直友達関係でさえ微妙でしょうから、友達として長く付き合っていけそうな人は恋人、あるいは旦那さんになれると思うのです。やっぱり思うのはフィーリング。

根底にあるものが同じで、価値観も一緒なら最初は男性として見られなくても、友達だったのにって思っても全然付き合っていけます。それとお互いどういうタイプかって言うところです。同じようにあまえんぼ、同じようにしっかりモノ、それよりは全くタイプが違う方が補っていけます。

【都道府県別】脱毛サロンと脱毛クリニック一覧はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ