女性に好感をもたれる会話の盛り上げ方は?

好きな女性と会話をするには、どうしたらよいか?

これに関して悩んでいる人って意外に多いのではないでしょうか?

話はするけれど、相手が今いち乗っていないのを感じてしまう。もっと、相手の女性と楽しく会話をしたいと思っている人は、まずルールを理解する必要があります。


カッコいい所を見せようとし過ぎないで

男性は、とかく好きな女性にたいして、カッコいいところを見せようとがんばります。しかし、その見せ方を一歩間違えると、かなり嫌味になり、二度と会いたくないタイプと言うレッテルを貼られてしまいます。

そのタイプとは、自分のことだけ一方的に話して、自慢話ばかりする人。女性を蔑み、男性のほうが偉いと言うようなしぐさや話し方をする人。上司の悪口や友達の悪口を言う人。

このようなタイプの男性を好きになる女性は、あまりいないです。だからと言って、あまり弱気なしゃべり方をしたり、自分のことを過小評価したりするような男性も女性の目から見て、それほど魅力的ではありません。会話を盛り上げたいと思うのでしたら、まず相手との言葉のキャッチボールがうまくできるように努めることです。

初めてのデートでは無難な話を

初めてのデートでは、相手も深い話をするとは思えません。例えば、無難なのが、その女性の家族、仕事、趣味等でしょう。相手から言うのを待っているのではなく、自分から聞いてみましょう。

ただし、それほど深くまで問い詰めたりしないことです。あくまでもさらっと、会話を楽しむ感じで行うことがよいでしょう。そして、お話する時は、その女性に集中してお話をしたり、聞いたりして、相手との共通点を探すのも、話しが盛り上がるでしょう。

例えば、まず自分から「僕の家族は。。。」と話して、家族のよいところをちょっと話してもいいでしょう。そして、「君の家族は?」のように、聞いてみましょう。あるいは、今自分がしている趣味についてお話していて、相手との共通点が見えてくるかもしれません。そして、「それじゃ、今度は何々を一緒にしてみよう」のように話が発展するようになります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ