遠距離恋愛の成功法は「毎日電話」と「毎週末は彼の元へ」 32歳 T.U.さん

わたしは、今の主人とは遠距離恋愛でした。同じ大学に通っていて、そこで恋人同士になったのですが、就職活動をしていくうちに、彼の就職先は東京、わたしの就職先は地元というふうに、離ればなれになってしまったのです。

当たり前ですが、わたしはとてもショックを受けました。最初は同じ地元で就職先を探していたのに東京に変えるなんて、なにか下心があるのではないか?とまで疑ってしまいました。


彼が東京に行くことを納得できず

彼の希望する職種が東京にしかないことを頭では理解できていましたが、気持ちの上では、全く納得できていませんでした。こんな風にしてギクシャクしたまま離れてしまったので、なんとなく、自然消滅するんじゃないかと共通の友人たちは思っていたようです。

しかし、彼と離れてみて、実は彼のことがすごく好きだったんだと改めて気づきました。なので、そこからわたしの遠距離恋愛の成功作戦が始まりました。

毎日電話、毎週末は東京に

まず、必ず毎日電話をしました。彼が電話に出ようと出まいと、着信履歴を見ればわたしのことを思い出してくれるはずなので、そうしました。

それから、毎週末、東京に通いました。金曜日の出社の際に旅行バッグを持っていって、仕事が終わると同時に高速バスに乗って彼の家まで行きました。

そして、そのままお泊りをして、日曜日の夕方にはまた高速バスに乗って地元に帰ってきました。このときの彼の反応はというと、喜んでくれるときもありましたが、非常にそっけない態度のときもありました。

それでも、彼がはっきりと意思表示をするまでは絶対に別れないと決めていました。なので、どんなに冷たくされても、どんなに心が折れそうになっても、続けることができました。

ついに結婚

そして、半年くらいが過ぎた頃、彼が突然、「毎週こっちまで来るの大変だろうから一緒に住まない?」と言ってきたのです。驚きました。

そして、すぐに返事をして、その半年後には結婚していました。後から聞くと、遠距離恋愛の間、彼にはわたしの他に、気になる女性がいたようです。

しかし、バレずに浮気する自信がなかったので、なんの行動もとらなかったそうです。ですので、遠距離恋愛の成功法は、こまめに連絡してこまめに会いに行くことです。

【都道府県別】脱毛サロンと脱毛クリニック一覧はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ