遠距離恋愛の不安や障害を乗り越えるための3つのポイントは?

遠距離恋愛は普通の恋愛に比べ、不安や障害が数多く存在します。

しかし、いくつかのポイントを抑えるだけで、遠距離恋愛も楽しいものに変わります。とはいえ、ポイントといっても普通の恋愛となんら変わりありません。


ポイント1:束縛しすぎない

まずは「束縛しすぎない」ことです。遠距離恋愛だと相手が今どこで何をしているのか、気になって気になってしょうがないものです。

しかし、日々の行動を浮気しているのではないかと疑われ、監視されるのは誰だって嫌です。

ここはむしろ開き直りましょう。「浮気してたって私のところに戻ってくればいい」と自分に言い聞かせてみましょう。

実際、遠距離恋愛だから浮気をするということはありません。むしろ距離が近いとお互いの大切さを忘れがちですので、遠距離恋愛だからといって悲観的になる必要はありません。

また、逆にいえば、遠距離恋愛は自分の時間を持てるということにもなります。飲み会やお買いものなど、どこへ行くにも気兼ねなく行けます。

趣味をもっている人は趣味に割く時間も多くもつことができるでしょう。付き合う前とあまり変わらない生活をできるのは遠距離恋愛のメリットでもあります。

ポイント2:会う時間を作る

次に大事なことは「会う時間を作る」ことです。これも普通の恋愛と変わりませんね。

ただでさえ会う時間が少ないので、多少他の予定をずらしてでも定期的に会う時間を増やしましょう。やはり会うことでさまざまな不安をぬぐいさることができ、お互いの愛を確認することができます。

また、その日に向けて自分磨きをしたり、お金を貯めたりすることで会えない日を楽しく過ごすことができます。

ポイント3:会っている時間を大切にする

そして最後に大切なことが「会っている時間を大切にする」です。

ついつい日ごろの不安や不満を口にしてしまいがちですが、せっかくの時間をケンカやモヤモヤした時間で潰してしまうことになりかねません。

また、会っている時間=楽しい時間になれば、次に会う日がとても待ち遠しくなり、彼からのお誘いもきっと増えるはずです。

恋愛の形はさまざまですが、なんにせよ相手の気持ちを思いやることが大切です。遠距離恋愛だから、と悲観的にならず、ゆっくりと愛を育みましょう。

【都道府県別】脱毛サロンと脱毛クリニック一覧はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ