彼氏との遠距離恋愛を長続きさせるための秘訣は「思いやり」

彼氏との遠距離恋愛で一番重要なのがお互いの気持ちが冷めないことです。距離が離れて会うことがなかなかできなくなると相手との繋がりがどんどん薄まっていきます。

近くにいれば定期的に会うことができるので、お互いに繋がりを強く感じることができますが、逆に遠くにいると繋がりを感じることが少なくなります。その結果、実際の距離だけではなく心の距離も大幅に離れてしまうのです。


「思いやり」が足りなかった

私も昔遠距離恋愛をしたときには「絶対にこんなことで別れたりしない」と思っていました。でも実際には離れて3~4か月経ってから、気付いたら繋がりが薄まっていることに気づき始めました。

同時に心も離れていくのを密かに感じました。その結果の自然消滅です。

繋がりのなさを感じたのはお互いの「思いやり」が足りなかったからです。私や彼には別の生活があります。その生活に合わせた恋愛はできませんでした。

不安になった夜に急に電話をしてみたりして彼に迷惑をかけましたし、彼は彼で自分の生活にいっぱいいっぱいになって、こちらが会いたいと言ってもなかなか会う暇が作れませんでした。

別に彼氏や私が浮気をしたわけでもなく、何か大きな原因があったわけでもなく、私たちは自然消滅という形で気持ちが覚めていきました。こうして結局お別れすることになったのです。

この経験を通して思ったのは遠距離恋愛で大事なのが「思いやり」だということです。

彼氏が私を一番に重要に思ってくれなかったことも別れの理由だと思います。でもそんなことはなかなかできません。

自分が寂しい時にわがままな行動に

このこと以上に駄目だったポイントは、わがまますぎて彼氏の向こうでの生活を応援せずに、自分が寂しいからと言って自分勝手な行動を続けたせいだと思います。このせいで彼は私への想いが薄らいでいったのではないかと思います。

つまり二人の繋がりが無くなった原因は私の自分勝手な行動に「思いやり」が足りなかったせいだと思っています。

私の友人はお互いに相手を一番に考えて思いやりを持って接したおかげで結ばれることができました。この違いは大きかったのだと思います。

ですから遠距離恋愛を長続きさせる秘訣は「思いやり」を持った行動により相手との繋がりをより強固にすることにあると思います。

【都道府県別】脱毛サロンと脱毛クリニック一覧はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ