遠距離恋愛で疲れた人のための遠距離恋愛を成功させる方法

誰でも、できることなら、遠距離恋愛はしたくないものです。しかし、大人になって社会人にもなると、なかなかそう上手くはいきません。

転勤や転職、または親の世話などで、住む場所が離ればなれになってしまう恋人同士も少なくはありません。


遠距離は気持ちがだんだん疲れてくる

付き合い始めたときは、これが最後の恋になるといいなと思っていたはずなのに、遠距離恋愛になってしまったとたん、もう私たちダメかもしれない…とネガティブになってしまうかもしれません。

私にも経験がありますが、遠距離恋愛が長く続いてくると、だんだんと気持ちが疲れてしまうものです。会いたいのに会えない、ハグして欲しいのにできない、そういう不完全燃焼な気持ちが積もりに積もってしまって、感情面で疲れきってしまうのです。

そしてそのうち、電話するのも嫌になってしまいました。だって、電話したらしたで、寂しい気持ちが強くなるだけですから

それなら、むしろ電話もしないでいたほうが、この気持ちと上手に付き合っていけるんじゃないかと思っていました。でも、それは大きな間違いでした。

電話は男性にとって恋のモチベーション

特に男性にとって、より多くの機会、恋人のことを考える、思い出すというのは、モチベーションを高く保ち続けるために、とても大切な作業なのです。ですので、電話が減れば減った分だけ、彼の私に対する気持ちは薄れていきました。

そして、そんな彼の状態がまた怖くて、ますます連絡を取りたくないと思ってしまう、悪循環に陥っていきました。

しかし、私は彼のことをあきらめきれなかったので、思い切って手紙を書くことにしました。そして、直接会って、その手紙を渡しました。彼はその手紙を読んで、とても驚いていました。

彼は、私がほとんど電話をしたがらなくなったので、私の気持ちが冷めたのだと思っていたそうです。好きだからこそ電話したくなかったと知って、彼はとても喜んでいました。

そしてそれからは、お互いに思っていることを、今まで以上に言葉にして伝えていこうということになりました。

結局、離れているぶん不安になったり疑ったりしてしまうので、それを超えるだけの言葉が必要だと思います。遠距離恋愛のときは、とにかく言葉にして伝えること、これが成功の秘訣です。

【都道府県別】脱毛サロンと脱毛クリニック一覧はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ