失恋で泣きたい時には、泣ける歌を聴いてみて

ge56y「泣ける」歌というと、真っ先に思い浮かぶのが、沢田知可子が歌っている「会いたい」ではないでしょうか?

少し古いかもしれませんが、カラオケで流れると泣けるソングNO1の様な気がします。

歌詞の内容は、片思いではなく完全に恋人同士、しかも、机を並べて勉強していた同級生なのですよね。作曲が、元チューリップのリーダーだった財津和夫ですから、メロディーも最高です。チューリップのヒットソングは「心の旅」、この曲も財津和夫の作詞作曲です。


アリスの「秋止符」

またまた、古いです。アリス(谷村新司ら)の最盛期、1979年のヒットソングですが、「秋止符」泣ける歌だと思います。作詞が谷村新司、作曲が堀内孝雄で、「左ききのあなたの手紙」という歌詞からはじまります。

片思いの歌ではないようですが、友情と恋心が混じり合った青春の一ページへの想いを綴ったものかと伺える詞の内容です。友情のままでいたなら、まだ楽しい日々は続いていたのに、あの夏の日に、友情から恋愛に変えてしまった。

結局は、別れの心情を切々と歌った、失恋ソングなのです。人それぞれの好みがあるとは思いますが、この曲は、歌詞もきれいですが、メロディーが、最高にきれいで、聴いているだけで黙っていても、ジワーンと心情が伝わってきて泣けると思います。

泣きたい時には、ひとつ聴いてみてはいかがでしょうか。片思いで降られた時なんかも、思いっきり泣くためにはオススメです。

オフコースの「さよなら」

オフコースの「さよなら」も泣ける失恋ソングですね。片思いの男子の心情を歌ったNoahの「Last Letter」は、ジーンと泣ける片思いソングだと思いますが、みなさんはいかがですか?

そういえば、とても古い歌ですが、布施明の「恋」という歌がありました。平尾昌明の作詞作曲で、確か、1960年代後半のヒットソングで、「恋」というものが、どういうものなのか、恋をすると、どんな気持ちになるのかを綴った歌詞で、泣ける歌ではないのですが、妙に、「うん、そうそう」と頷きたくなる歌詞です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ