片思いの人とのメール・LINEで注意すべき3つのポイントとは?

AxBYQI6IBMメールやLINEでやり取りをすることは日常茶飯事となっていますね。離れた場所に住んでいる男女でもやり取りが簡単なので、遠距離恋愛中のカップルにも携帯電話は必需品です。

なかには「メールだけで女を落とせる」と豪語する男性もいますが、そんなことはかなりまれなケースです。やはり、大切なことは会って顔を見てから伝えるべきです。

ポイント1:メールやLINEは連絡手段

メール・LINEはあくまでも連絡手段と留めておいたほうが良いのです。その認識を間違ってしまうと、「返事が返ってこない、警戒されてなかなか会ってくれない」ということになってしまうのです。

「好きだ」という言葉を伝えるには、電話か直接会ってから良いです。その言葉を直接相手の口から聞かないと、なかなか信用できないと言う場合もあります。顔を見て伝えるのは照れ臭いという気持ちも理解できますが、やはり大事な気持ちこそ直接じゃないと伝わらないものです。

ポイント2:感情的な話は避けよう

また、メールで感情的な話をするとこじれる場合もあります。これは男女の仲に限ったことではありません。文字だけでは相手の表情や声の調子なども分かりませんし、感情は伝わらないです。文字だけだととても冷たく言い放っているように取られてしまいがちです。

例えば「大変だね」という一つの言葉を取っても、感情を込めて声に出していうのと、文字だけで伝えようとするのでは、まったく伝わり方が違います。直接会えば、言葉は発することが無くても、だまって目を見つめて背中をポンポンとするだけでも伝わることだってあるのです。言葉をかけるよりもハグするだけのほうが何十倍も伝わることがあります。

ポイント3:長文もNG

伝えたい気持ちがたくさんあり過ぎて、改行もせずに文字をぎゅうぎゅうに詰めて長文メールを送る人もいますが、読みづらい文章は読んでもらえないことが多いので、余計に伝わらないです。

本当に大事だと思っていること、絶対に伝えたいと思っていることは、その人に直接会ってから伝えるようにしましょう。それだけ真剣なんだと気持ちも態度に表すことができます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ