知らないと失恋!重くならないメールの書き方4つのポイント

重くならないメールを書くには、まずメールはあくまでも連絡と取る手段と思うことです。それさえ念頭に置いていれば、重い文章を送りつけるようなことはしないはずです。

また、もし相手がメールをまめにやらない人なら返信を催促することやしつこく送ることも禁物です。相手のことも理解しましょう。メールを送るときに注意すべき4つのポイントを紹介します。


ポイント1:重いテーマは避ける

まず、重くならないメールの基本の書き方ですが、重いテーマを選ばないことです。例えば愛の告白、悩みごと相談などです。また、自分の主張ばかり、気持ちの押しつけなどもいけません。

そして相手のことを気遣う気持ちを忘れてはいけません。電話やメールは相手がどのような状況にいるのか分からない状態なのですから、そこを気遣う気持ちも大事です。

ですから、メールの書き方にも工夫して、気遣いの言葉を一言付け加えると良いでしょう。そして、返信を急がせるようなことは決して書いてはいけません。

ポイント2:読みやすい文章で

また、相手が読みやすい文章を心がけることです。文章の書き方なんて、国語が苦手だったから分からないなんて思わないで下さい。

決して作家のように書く必要はまったくありません。読みやすい文章とは、改行、句読点が適当にされていて、長すぎない文章のことです。

特に携帯電話のメールほど長文は嫌われます。小さな画面でぎっしりと文字が詰まっていては、どんなに良い言葉があったとしても見ただけで読む気が失せるからです。

ポイント3:楽しい話題で

お互いのことをあまり分かりあえていないうちは、できるだけ楽しいメールを書くように心がけたほうが良いです。それには、自分は知っているけれど、相手は良くしらない趣味の話題も避けたほうが良いです。難しい専門用語を羅列されたのでは、受け取ったほうも面白くはありません。

ポイント4:時間帯に気を付けて

また、書き方に気を配るのも良いですが、送る時間帯にも気を付けましょう。深夜や早朝に「寝てる?」と送りつけていては、一見気遣っている言葉のように思えても、実はとても自分勝手な行動です。寝ているかもしれないから迷惑かなと感じれば、送らないのが一番です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ