「会って話したい」と思われるためには相手の関心事のリサーチを

前に、人は、追いかけられると逃げたくなり、逃げられると追いかけたくなる事について触れました。

それは例えば、刑事ドラマで、刑事が逃げる容疑者を捕まえて「なんで逃げた?!」と聞くシーンがあります。

そんなとき、捕まった容疑者(実は犯人ではなかった)は、「いきなり追いかけられたら、そりゃあ~、つい逃げ出しますよ・・・」と言います。それと同じです。


しつこくすると逃げられる

あなたも1度や2度経験があるかと思われますが、しつこく誘われたり、勧誘されたりすると反発したくなりませんでしたか?

そうすると、片思いの人に送るメールの頻度が多い、イコール、しつこさに繋がりかねないことに要注意です。

恋愛の心理も同様で、しつこくされると逃げ出したくなります。

はじめは慎重に

この場合、片思いの相手に高い頻度でメールを送って、効果的かどうかですが、しつこいと思われたら、取り返しがつきません。はじめのうちは慎重に、メールの頻度も控えめにされた方が無難でしょう。

片思いの相手には、「会って話がしたい」と思わせることがポイントになるのではありませんか?

まず、相手がどういう事に関心を持っているのか知ることが大事です。できるだけ、片思いの相手の関心事について、リサーチしてからメールを送るのはテクニックの基本です。

そして、相手からの返信メールが内容の濃い文章だったり、長文だったり、そのような時は、もう少しメールの頻度を多くしてもいいかもしれません。

様子をみながら、じっくりといきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ