好きな人からメールで返信をもらうための3つの方法とは?

ツイッターなどのつぶやきモードでは、返事をもらうことはできないと思いますよ。

また、つぶやきと同じように、一方通行で終わってしまうような、自己完結的な文言もいけません。そういうメールでは、相手も返事のしようがありませんし、何より、忙しい時にそんなメール貰うと、腹立たしい思いになるのではないでしょうか?


返事をもらう方法1:「今メールいい?」と聞く

相手からメールの返事をもらうためには、やはりそれなりの文章力が必要です。よく、インタビューで用いられるのは「オープン・クエッション」ですね。相手からの、返事をもらうためには「YES」「NO」では答えられないような質問をするのです。

しかし、メールの場合は、「オープン・クエッション」は使うと「うざい」と思われるので、まず短い文章で、「今、メールいい?」くらいのところからはじめるのがいいです

つきあいのレベルにもよりますが、まだそれほど親しくない相手には、電話では当たり前になっている「今、電話していいですか」と相手の状況への気遣い程度から、入っていくのが無難だと思います。

返事をもらう方法2:好感を持てる内容にする

とにかく、メールの返事をもらうためには、相手に好感を持たれるようなメールが必要です。簡単に、返信できるような内容を工夫しましょう。

重たい相談ごとや自己アピールは控え、なにか身の回りの「くすっ」と笑えるような軽くて楽しい情報を、写メ付きで送るなどいろいろとありますね。また、男性なら、絶対に愚痴や長文のたぐいもやめておきましょう。

返事をもらう方法3:相手を褒める

相手との共通点や共通の話題をみつけて旨く利用しましょう。最近、直接会ったことがあるなら、その時着ていた服や身につけていたもの、つまり何でもいいので、誉めても違和感がないことを取り上げて誉めることも方法です。人間誉められて悪い気はしません。

例えば、ごく自然に「こないだ着ていた、○○、あの色、いいですね」とか、小さな事でもかまいません。とにかく、ひとつだけ誉め言葉を入れて下さい。

「こないだ教えてもらったこと、思いがけず、役に立ちました。ありがとう!」とか探せばあるのではないですか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ