女性がもらって嬉しいメールとは?

今の時代は、サービス業なら年中無休が当たり前、営業時間も24時間営業という職種も多くなっています。企業も人件費削減で、社員ひとりに対する仕事の負担率も増え続け、思うように彼女との時間がとれないことで悩んでいる男性が多いのではないですか?

そのような時の、便利なツールにメールがあります。


大事なことを伝えるのは難しい

ところがこのメール、普段なら、簡単で便利な反面、大事なことを誰かに伝えたいと意識しはじめると、とんでもなく難しい・・・そのような経験はありませんか?

相手に伝わる文章を作成することの難しさを思い知る場面でもありますね。簡単に、絵文字を入れて良いものか?

片思いの相手に対して、「こんなこと書いたら嫌われるのではないか?」「軽い人間に思われるのは嫌だ!」とか、そんな思いで頭がいっぱいになってしまう。

女性がもらって嬉しいメール

女性がもらって嬉しいと感じるメールに、「嫌なことがあったら、いつでも電話しな!!」「嫌なことがあったら、一緒に酒飲んでやるから連絡して」などです。

女性にとっては、「聴いてもらえる安心感」と言うことです。女性に限らず、聴き上手の人とならばいつでも会いたいですよね。

ですから、「いつでも聴くよ!!」と言う姿勢を見せるのがコツです。

でも、実際に人の話を聴くというのは難しいのですよね。一番簡単な方法は、とにかく「相づち」を打つ(「うん」「へー!」「そうなんだ~」などの短い言葉)。

ここでより重要なことは、相手が話している話から、ずれないように相づちを入れることです。外国人が、日本で1番難しいと感じているのは「相づち」だそうです。そういう意味でも「相づち」の研究もされているくらい、大事な日本の会話文化なのですよ。

でもメールではどうすればいいの?

つまり、メールは誘導手段として使います。片思いの彼女が、「この人とだったら、会ってもいいかな」とか「この人とだったら、話したいな」などと思ってくれると良いわけです。

結論は、相手に伝わるメールを送ることに意識を向けた方が良いです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ