注意!わざと間違いメールで気を引こうとすると女性は幻滅します

間違いメール気になる女性がいてメールアドレスは知っている、でもメールするきっかけもないし、用事もない…。そんな時にわざと間違いメールを送ってみるということがあります。

他の人に送るメールをメールを本当に送りたい相手に誤送信したふりをして話のきっかけを作るという行為です。具体的に言うと、例えばその女の子をAちゃんだとすると、間違いメールの文面の中に、「Aちゃんって可愛いよね」などといったことを盛り込んだりします。そして、それを送ったあとに、間違いメールを送ったことを謝る内容で、さらにメールを送り、話のきっかけを作ろうという場合もあります。


恋愛テクニックとしてあるようだけど…

恋愛テクニックのひとつとして紹介されていたりもします。うまくいくかもと思うかもしれませんが、かなりの確率でバレます。そしてはっきり言って女性からするととっても幻滅する行為です。

まず、内容に自分のことが書かれている時点でピンときます。大体、そういったわざと間違いメールを送ってくるようなことをする関係の男性は、何かのアプローチをすでに女性に対してしている場合が多いです。なので、そんな間違いメールが来たら、「私のこと可愛いって言ってる!嬉しい!」などとは思いません。

「こんなことしてキモい!」と思われるのがオチです。間違いメールのふりをしてメールを送ってくるという行為自体気持ち悪く思われて、その後一切の関わりを切られることにまで行ってしまうことも…。

事務的な内容でやればいいの?

内容に相手の女性のことを入れずに、事務的な内容を間違えた振りをしてきっかけを作ってみるこれはどうでしょうか?

やはりやめておいた方が良いでしょう。間違いメールという方法は一度しか使うことが出来ません。あなたに興味がない場合は完全にスルーされてしまうでしょうし、反応がないのに焦ってさらにメールを送ると、最初の間違いメールもわざとだと気付かれて幻滅されます。

じゃあ、どうすればいいの?

ではどうすれば良いのかというと、メールアドレスを知っているなら堂々とメールを送ればよいのです。内容はストレートにあなたが気になるとか、話したいでよいのです。下手な変化球を使わず、堂々と勝負してみましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ