片思いを成就させるには、メールのメリハリをつけることが大切です

絶対に逃したくない恋愛では、メールに頼り過ぎないことが大切です。メールは、活字だけで成り立つので、あらぬ誤解を生んでしまうこともある恐ろしいツールにもなりうるからです。

恋愛の初期に、メールで失敗してしまったために、せっかく上手くいきそうな、実は両方に気があったという恋愛でも、メール一つで破滅の道に進んでしまいかねないからです。


絵文字顔文字で相手が混乱する?

メールは、活字以外にも、顔文字や絵文字も使いますが、この顔文字や絵文字一つからも、一体どういう意味なのだろう?とおかしな方向に進んでいくこともあります。

文章の内容と、絵文字の表情が一致していない場合には、読み手としては、混乱してしまいます。

たとえば、「今日はごちそうさまでした、また会いたいです。」といったような感謝の気持ちを述べるような文章で、顔文字や絵文字が迷惑そうだったり、がっかりしているような表情の顔文字を入れると「誘って迷惑だったのでは?本当は無理やり一緒に食事に行ったのでは?」と思われてしまうからです。

感謝を述べる文面と顔文字が一致していないは、あくまで一例ですが、普段何気ないことから重要なことまでメールで済ませようとする姿勢は、恋愛に悩んでいる女性に多いことです。その姿勢やクセが恋愛の場面でもしくじる原因となってしまいます。

Aと表現したはずが、Zと読まれてしまったり、とんでもない誤解を招いてしまうのはメールです。嬉しいと表現したはずが、迷惑だったと読まれてしまいかねないのがメールです。

誤字脱字も気を付けて

誤字脱字からも、思わぬ誤解を生むのもメールです。誤字脱字がなくても、その場の状況経緯から、おかしな誤解をされてしまうのもメールのデメリットです。メールは、電話のように、誤解が発生しても、その場ですぐに訂正することができません。

メールの本数や絵文字では、人の気持ちは絶対に測れません。メールは思考タイムがあるため、いくらでも偽ることもできるのもメールです。

男性は、女性のようにメールで精神的につながっていようとしません。女性と男性は、メールに対しての価値が違うということを心得ておけば、恋愛成就につながりやすくなります。あくまでもメールは、連絡ツールだと思っておけば、恋愛成就する確率は一気にあがります。

男性は単純でもあり、ないものねだりでもあるのでメールは本数を控えめにして、文字数も少なめにしてみてください。「でも気はあるよ」というここぞというときにメールするというメリハリをつけることが恋愛成就につながりやすくなります。普段からメールが大好きな男性で、メールでの付き合いで発展している関係であればこの限りではありませんが。

【都道府県別】脱毛サロンと脱毛クリニック一覧はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ