好きな彼からメールの返事をもらうにはどうすればいいか?

片思いの男性から、メールの返事をもらうためのテクニックは、相手に好感を持たれるようなメールをだすことです。そして、相手が簡単に、返信できるような内容にすることです。いろいろと工夫してみましょう。


いきなり相談メールをしない

何か相談事をすると、返事をもらうことができるなんて思わないで下さい。いきなりメールで相談されても、返信メールの文章を考えるだけで、ウンザリされてしまいそうです。

重たい相談ごとや、ずうずうしい自己アピールは控え、なにか日常的に転がっている身の回りの「くすっ」と、笑えるような軽くて楽しい情報を写メ付きで送るなど、いろいろとありますね。また、きれいな空、きれいな夕焼け、珍しい風景や光景、可愛い動物など、今は、写メという便利なツールがありますから、話題には事欠かないのではないでしょうか。

そのようなメールであれば、「かわいいね」とか「いいね」とか、簡単な返事が可能ですから、返事も出しやすいと思われます。とりあえず、返事をもらうことに的を絞れば、成功と言うことになります。そうしたら、今度は、彼に、「ありがとう、また今度何か見つけたら、写メ送りますね」とでも返せば良いのです。

これで、次回の写メ送信の了解をもらったことになります。このようなシンプルなやり取りを続ける間に、距離感も縮まっていくのではないですか?

マイナスイメージを持たれないようにして

とにかく、陰気くさいジメジメしたマイナスのイメージは損です。また、そういうメールであれば、返事をもらうこと自体無理だと思います。相手との共通の話題や共通のことがあればいいですね。

例えば、出身地などが同じというのは、非常に安心感と近親感が増します。他にも、好きな食べ物、好きな音楽のジャンルとかアーティストなど探せばなにか共通項はあるはずです。しっかりとリサーチしましょう。

また、人は誉められて悪い気はしないものです。男性は、外見より内面に関することを誉められるとうれしいのです。しかし、誉めすぎると逆に不自然ですから、違和感がない程度に、さらりと誉めるといいかもしれません。

「こないだ教えてもらったこと、思いがけず、役に立ちました。ありがとう!」とか、「この前に言っていた音楽レンタルして聴いてみました。ほんと、すごくよかった!ありがとう」など、小さな事でいいですから、ひとつだけ誉め言葉を入れて下さい。そのメールの最後には、「また教えて下さい(^o^)」という言葉を忘れずに。

【都道府県別】脱毛サロンと脱毛クリニック一覧はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ