好感度の高いメールで彼に近づく ための5つのポイント

2片思いの男性と、メールで距離を縮めるためには、いかに好感度の高いメールを送れるかということにかかってくると思います。そうはいっても、好感度の高いメールとは、どのようなメールなのでしょうか?


好感度の低いメールは?

このような場合は、好感度の低いメールとは、どのようなメールなのかを考えた方が早いでしょう。
1.自己アピールとばかりに、力が入りすぎて、自分の興味関心のことばかりを並べ立てている文章
2.片思いの相手への気遣いがないメール
3.片思いで、まだ親しくない関係にもかかわらず、絵文字が多すぎるメール
4.いきなり告白して、YES/NOを選択させるような、せっかちなメール
5.仕事中や、出勤前など、時間を考えないメール
このようなメールを貰うと、距離が縮まるどころか、グ~ンと遠くなってしまいます。つまり、これらとは反対のメールをおくればいいのです。

断られないようにするテクニックとは?

心理学的交渉テクニックに、ロー・ボール・テクニックというのがあります。つまり、相手から断られないようにするためのテクニックで、実際にはハイ・ボールだけれども、ロー・ボールに見せかけて、相手のこころを動かしてしまう手法なのです。

このテクニックを使って、どのようにメールで距離を縮めるかといいますと、まずは、「友達になりたい・・・もし、良ければ、これからもメールを送らせて下さい」と、メールを送る宣言ともとれるお願いをする訳です。

メールくらいなら、片思いの彼も「ダメです」とは言わないと思います。もし、「いいですよ」という返事が来たら、早速、「ありがとう」という感謝の言葉と「うれしい」という正直な気持ちを、シンプルに余計なことは一切書かずに短いメールを返信しましょう。

あとは少しずつ、相手の趣味や関心事をリサーチして情報を集めておきます。そして、例えば、片思いの彼が、野球やサッカー観戦が好きだとします。

付け焼き刃でも良いですし、今日、「巨人が勝ちましたね」とか、巨人ファンを装って「残念、巨人が負けました・・」など、さりげなく野球のことを、メールで触れるわけです。そして、仕上げは「野球観戦、ご一緒にどうですか?」というようなメールを送ってみるのです。少しずつ、少しずつ焦らずに、ハイ・ボールを投げ込むのです。

【都道府県別】脱毛サロンと脱毛クリニック一覧はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ