「最初の言葉」が相手の印象に残る?初頭効果を狙ったメールテクニック

案外と女性にとって、メールとか手紙とか、面倒とは思わないようですが、男性の場合はどうなのでしょう。

元来、男性には、手紙が苦手な人が多いように思われますが、メールではどうなのでしょうね?


メールのテクニック

片思いの男性にメールを送る時には、さりげない心遣いこそが、メールのテクニックになるのかもしれませんね。

そもそも、片思いの男性にメールを送る目的は、自分の存在をアプローチすることにありますね。したがって、メールを送る時には、相手に気に入られるようなテクニックを使いたいところです。

単なる異性の友人には、気軽なメールを意図も簡単に送れるのに、片思いの相手にメールを送る時は、カチカチに緊張してしまうものです。

一般的に、人は追いかけられると逃げたくなり、逃げられると追いかけたくなります。そして、あなたも1度や2度経験があるかと思われますが、しつこく誘われたり、勧誘されたりすると反発したくなりませんか?

あるいは、自分の意見を強く押しつけてくる相手に、だんだんと腹立たしく思えてきた。そのような経験が、きっとあると思うのですが、いかがでしょうか?

恋愛心理も同様で、しつこくされると逃げ出したくなり、つれなくされると逆に気になるものです。そのあたりの心理を、メールを送る際のテクニックとして使えそうです。

また、人との出会いには、必ず第一印象というものがあります。メールも同じで、全体の印象や部分的なフレーズの印象があります。

「最初の言葉」と「最後の言葉」

ここで問題です。メール文章全体の中で、読み手にとって印象に残るのは、「最初の言葉」でしょうか?それとも「最後の言葉」でしょうか?

実は、「最初の言葉」のほうが印象に残ると言われています。このような現象を「初頭効果」と呼び、この効果は、単独ひとりからの情報に対して起こりやすいとされています。

その逆もあるのですが、その場合は、大勢の人からの情報に対して起こる現象なので、ここでははぶきます。

しかし、そうすると、メールのはじめには、相手を気遣う文言を入れて、片思いの相手に好印象を与えるというのは、メールのテクニックとして、大いに使えるのではないでしょうか?

【都道府県別】脱毛サロンと脱毛クリニック一覧はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ