なぜ片思いで見返りを求めると辛くなるのか?

見返り片思いのときに相手に見返りを求めるといけないといいます。

「与えたらもらえるのは当然、見返りを求めるのがなぜいけないのかが分からない」という人もいるのではないでしょうか?

片思いとは相手の重いがこちらに向いていなくて、勝手にこちらが好きになって思い続けているだけです。それなのに、「これだけ思っているのだから、相手も何か返してくれたらいいのに」と不満に思ってはいけません。

見返りを求めるとどうなるの?

片思いで相手に見返りを求めてしまうと、片思いがとても辛くなって、後々自分で自分の首を締めるような結果になりがちです。例えば、メールを送ったのになかなか返事をくれない、今日も会話が出来なかったと毎日考えていては、精神的に病んでしまうばかりです。

彼女がいる人に恋してしまうとなおさらのことです。メールが返ってこない、電話が取れないのは彼女としるかもしれません。それが嫌ならあっさりと諦めることです。

少しは求めてもいい

しかし、まったく見返りを求めるなというわけではありません。例えば相手が喜ぶことをして、喜ぶ顔が見たいというのも見返りの一つです。

ここでやってはいけないというのは、「無理な見返りを求めるな」ということです。

相手の都合も考えずこちらの感情ばかりを押し付け、振り向いて欲しいというのは、ただの自分勝手だとしか思えません。極端な話をすれば、芸能人に憧れて思い切り応援して、振り向いてもらえるわけではありません。

そこで「どうしてあの人はあんなに遠い存在なんだろう、振り向いてくれないんだろう」と思ってしまえば、とても辛くなります。ですが、芸能人に恋するときは、応援した見返りとして素敵な演技、ステージを見せてくれたらとてもうれしいとなるのではないでしょうか?

実際も同じ

実際の恋愛でも片思いだと同じようなもので、付き合ってもいないのに無理な見返りを求めると辛くなります。それに気付き見返りを求めないようになれば、片思いほど自由で楽しめるものはないものです。

しかし、くれぐれも一方的に尽くし過ぎて都合の良い存在として扱われないように気をつけましょう

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ