人目を引くほどの見た目ではなくても、好かれる人

自分は恋愛に対して不器用、ということを自覚している方は人一倍臆病であり、傷つきやすいデリケートな心の持ち主と思います。

相手が自分について思っていることがわからないために、必要以上に意識して緊張している。嫌われていないか気になるのに、切っ掛けが作れなくて自分からは声がかけられない。相手に先に何らかの行動を起こしてもらいたいと願って、自分からは動くことができない。


相手からのアプローチを待つ?

だから相手からのアプローチを待つ姿勢になってしまっている。傷つくことを恐れるあまり、自分を守りたいという気持ちで精一杯になっている。

そして恥ずかしさや照れから、自分らしい振る舞いが出来ないという歯がゆい気持ち。結果的に恋心を悟られることで、気まずい思いを甘んじて受けることになったりします。

見た目でなく好かれる人

一方で、外見では人目を引くほどの見た目ではなくても好かれる人がいます。私に好意を持っているかもしれない、と思われても不思議と気まずくはならない人です。

そして、相手に嫌われるとは考えていないように、気軽に声をかけることができたり、簡単に些細な切っ掛けを作ることが出来ます。

一見、図太い神経を持っているような、自然体で無邪気な印象の持ち主です。自分には出来ないと感じていることを、さらりと気負わずに実行していることで、人とは違う部分が魅力的に見えるのです。

人が出来ないことをさりげなくできる人と感心されて、尊敬に似た気持ちが恋心に発展していく。
つまり、誰もが好かれる可能性を持っているのです。多くの人に好かれる必要はありません。

あなたの好きな人に好かれさえすればいい

あなたが好意を持っているたった一人に好かれさえすれば、恋愛成就となるのです。そうなるには、まず、恋心は相手に知られないように内側に保ち、自然体で接します。

そこに、好きな人が嬉しがることや喜ぶと思うような行動、感動できる言葉を添えてみます。いつもの自分とは少し違っているあなたから好きな人へ、具体的な行動や喜ばれることを見つけていく気持ちを、自分なりに表現していきます。

好きな人にさりげなく感動やサプライズを届けることで、いつもとは違う二人の時間に変えることができるようになります。あなたらしい表現で好かれる人に生まれ変われることを楽しみにしています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ