警告!友達の彼女を好きになった時

友だちの彼女男性にとって、友達は一生ものであることはそれほどめずらしくありません。

学生時代の親友は、社会人になってからも、そして、お互いが結婚してからも家族づきあいをして、家族ぐるみで結構楽しく過ごす人もいます。そんなお付き合いは本当に理想的ですね。特にそういったことが出来るのは、男性の親友だからかもしれません。

友だちは大切です

友だちはとても大切です。人生に友達がいない、特に本当に苦楽を共に分かち合うような友達がいることは宝なのです。男性の友情は、本当に本物であることが多く、いろいろな環境を越えても、年代を超越して続ける人が結構いるのです。

ところが、親友を裏切って、人生でそんな祝福に預かれない人もいます。例えば、友達の彼女を好きになって、略奪してしまった人などがひとつの例です。

男性にとって、これほどのことを行う人は人生の大きな幸福をなげうっても、友達の彼女を自分のモノにしたいとは、どれほどのものを失うのかよく理解してください。もし、そういう感情に追い込まれしまった場合でも、絶対手を出してはいけません。たとえ、友達の彼女があなたのことを好きだと感じてもです。

誘惑に乗らない

好きという感情は、実際何も二人の間になければ、消え去る時間もそれほど長くはないです。つまり一時的なものです。その誘惑に乗らないように気をつけましょう。

そのようにして手にいれた友達の彼女は、その後あまり長く続くことはありません。
それどころか、いつもあなたとその女性の間に悶々とした後ろめたさがずっと残ってしまうと思います。それは、楽しいものかどうかは、誰が言わなくても、はっきりと理解できるでしょう。

それよりも、自分も誰か他の彼女が早くできるように積極的に行動してみましょう。人生を通じて、その男友達がいかに大切か身にしみてわかる日がくるでしょう。その男友達と一生の間、さまざまな人生の行事をシェアできるような強いリレーションシップを築いて生きていったほうが、誰もが皆幸福でいられます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ