大学の卒業式でカップルになる方法

大学生活で、付き合いたい異性がいたのになかなか告白するチャンスがなく、カップルになれなかった人は、大学の卒業式が好きな人とカップルになる最大のチャンスです。就職や大学院進学などそれぞれの道に進んでいくことをポジティブに捉え、相手に想いを伝えてみましょう。


卒業式の前までにデート

なかなか大学の中だけでは、本音を聞き出せないものです。

他の人の目もありますし、普段は仲の良い友達で終わってしまっている人は。卒業式の前までにデートをしましょう。私はデートで、大学卒業してからの相手の進路や、将来の不安など、好きな人と話しました。

もちろん離れ離れにはなってしまうのですが、正確に相手の将来を知ることで、告白するときに、離れることを考慮して、告白できると思ったのです。他にも、卒業しても、定期的に友達も含めて会う約束を二人でしました。お花見やBBQなど楽しい集まりを提案したので、相手も喜んでOKしてくれました。

このように、「お互いの将来の話で終わらず、卒業後も相手とコンタクトを相手と取り合えるかどうか」は告白する上ですごく重要です。

卒業式の日に告白

卒業式は、袴を着たり、式に出たり、その後も卒業パーティーがあったりと何かと忙しく、告白する余裕はないかもしれませんが、好きな相手と二人っきりになる時間を見つけ告白しましょう。私は、式に一緒に参加する友達に事前に告白することを告げ、式の後、パーティーの時間まで二人っきりになれるように計画しました。

式は午前中だったので、夕方のパーティーまでの間に、好きな人に「二人でランチできないか」メールで聞きました。OKしてもらえ、そのときに自分の気持ちを伝えました。告白の結果、私のことが以前から気に入っていたらしく、OKしてもらえました。

相手から「卒業しても会えなくなったら寂しい」からOKしたと言われました。卒業式の日は、相手に「離れたら寂しい」と思わせるチャンスですので告白にはぴったりです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ