夏のデートに浴衣を着ていく時の3つの注意点

彼をドキドキさせたいなら、浴衣です。女らしさが増して、いつもとは違う印象になります。デートに着て行けば、男性受け間違えなしです。

出会ったばかりや倦怠期の関係も浴衣を着て行けば話題になります。彼も自分のために準備をして浴衣でやって来る彼女は嬉しいと思います。準備が面倒でも、歩きにくくても、浴衣を着てみませんか?


注意点1:浴衣の選び方

浴衣を着た自分が映えるデザインのものを選びましょう。着る時間帯は夜かなのか、日中なのかで変わってきます。地味すぎると温泉宿にある浴衣になってしまうので注意して下さい。

柄や派手で花魁のようでも男性が引いてしまうので考えて選んだ方が安全です。地味過ぎず派手過ぎず、女性らしい浴衣姿になれる浴衣がベストです。

髪は女性らしいスタイルに!

浴衣を着ても、髪がいつも通りではNGです。頑張って浴衣を着たら、髪も合うスタイルにしましょう。

髪が長い人は、簡単にできるまとめ髪スタイルがおすすめです。髪が短い人は髪をひねって花モチーフのヘアピンで留めるだけでも印象が変わります。浴衣に合いそうなモチーフのピンを探して、髪に留めてみて下さい。

注意点2:小物を和風テイストに!

浴衣の足元は下駄です。足元に下駄を履いて和風テイストにすると女性らしさがUPします。下駄なんて浴衣以外履く機会が無いという人も履いてみましょう。

ショップによって、浴衣とセットで買えるから、選ぶ時間がない人も大丈夫です。下駄のサイズ感は下駄から足が1センチから1.5センチ出ているのが理想です。サイズが気になる人は実際に履いて選んで下さい。

注意点3:しぐさで彼をドキッとさせよう!

浴衣を着たら、しぐさにも注意しましょう。歩き方は内股でゆっくり歩きます。下駄を履いている足元は安定しないのでゆっくり歩きましょう。

まとめ髪が気になったら手で整えましょう。髪に手を添えて抑えるようにすると、髪が落ち着きます。鏡を使わずに、目線を斜めにして髪を整えれば女性らしさがUPします。

浴衣の合わせが着崩れるとだらしない印象になります。手で内側に引っ張るようにして、崩れないようにしましょう。浴衣で腕を伸ばすと袖の袂(たもと)から二の腕が見えます。見えないようにするためには手を添えて物を取るようにしましょう。手を添える動作は浴衣ならではの動きで女性らしさが増します。

まとめ

浴衣デートをおすすめしました。いかがでしたか?浴衣を着て出かければ、思い出がたくさん出来そうです。浴衣デート、試してみて下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ