【シーン別】夏のファッションのチェックポイント!

夏は外出と露出が多い季節。開放的な気分にもなりがちですので、せっかくおしゃれして出かけても帰る頃には服も体もクタクタ、汗でメイクも流れまくり、ではせっかくのデートが台無しですよね。彼とバイバイする時間まで可愛い彼女でいたいものです。

TPOに合わせた、出かける前のファッションセルフチェックで楽しいデートにしましょう。


フェミニンな薄着でデート

ノースリーブやタイトなパススリーブ&ミニスカートは夏の女子の無敵ファッションです。フェミニンな雰囲気で彼の視線をとろけさせたいところですが、カフェやカジュアルなレストランでは注意が必要です。

まず、椅子に座るときは浅く腰掛けましょう。硬い椅子の座席の角が太ももの裏に跡をつけてしまう恐れがあります。席を立って歩く後ろ姿にくっきりと椅子の跡があるのはよろしくありません。

また、席に案内されたらエアコンの風が当たる席でないかどうかチェックしましょう。さりげなく彼に席を替わってもらうか、店員さんに「エアコンの風が苦手なので」と正直に伝えて変えてもらうのもいいと思います。また、カーディガンを用意しておけば一枚羽織るだけでも違いますのでオススメです。

アウトドアデート

野外デートは日焼け止めが必須です。服や水着の境目を集中的に塗りましょう。特に首の後ろはノーマークになりがちなので注意が必要です。

襟が汚れるのが苦手であればあるいは薄手のストールを首に巻く方法もあります。適度に汗を吸ってくれますし、ガーゼタイプなら時々さりげなく顔の汗や皮脂を抑えるのにも役立ちます。プールや海へ行くならメイクはウォータープルーフタイプにしましょう。

また眼球も紫外線を吸収しやすいのでサングラスがあればいいと思います。山や河川敷などでバーベキューデートをする場合は虫除けスプレーも忘れずに。スプレータイプは直接スプレーするのではなく一度手に取り、体にすり込むように使います。

そのほうがむらがなく効果的に虫除けになります。

色っぽい浴衣で花火デート

花火大会に浴衣でデートも夏ならではのデートの楽しみ方ですよね。会場は大勢の人出が予想されますので下駄履きより履きなれたサンダルを選びましょう。

靴擦れが不安であれば絆創膏をカバンに入れておくのもいいと思います。浴衣は着崩れしないように時々襟元の合わせや裾の丈をチェックしてこまめに直しましょう。扇子やうちわは必須です。

蒸すようであれば脇の下から仰いで風を送れば上半身全体が涼しくなります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ