大学デビューは華やかに!真面目な高校生から脱皮する3つの術は?

高校を卒業する時に「思い出は部活頑張っただけだったな」なんて人はいませんか?

部活動を頑張るのはもちろん悪いことではないです。ここで言いたいのは恋愛してなかった、ということです。まさに、私の思いでなんですが…。

そんな地味な高校生活を卒業したあなた!こうなったら大学デビューをしましょう。高校生の真面目で地味だった自分から脱皮する術を紹介します。


脱皮術1:外見を磨きましょう

まずは外見からイメージチェンジしていきます。せっかくの大学デビューですから第一印象は大切です。

女性でずっと髪を長くしていたならバッサリカットするのはおすすめです。厳しい校則からも解放されるので、ちょっと明るめにカラーリングもすると良いですね。

男性もすっきりとした短髪に明るめのカラーを入れるとカッコイイですよ。

服装は春らしい明るい色で統一しましょう。センスに自信がない場合はショップの店員さんに聞いてみるもの一つの手段です。

私はそれですっかり店員さんと仲良くなってしまいました。女性ならお化粧もしたいところですが、若いうちはお肌もキレイなので濃いメイクは避けましょう。ナチュラルメイクで充分にあなたの魅力は引き立つはずです。

最初は大袈裟でもいい、人当り改善

性格を変えるのは難しいですが、人との接し方を変えていくのはそう難しいことではありません。折角、外見を磨いたのですから、人当りのいい近づきやすい雰囲気を目指しましょう

脱皮術2:笑顔

まず、大切なのは笑顔です。入学式の前に鏡の前で笑顔の練習をしてほしいくらい、笑顔が周りの人に与える影響は大きいです。

ムッツリ顔の人とニコニコしている人がいたら、どちらが声をかけやすいか考えてみてください。きっと後者のはずです。

笑顔が苦手、人と接するのが苦手な人は大袈裟なくらい笑顔を意識した方が良いです。

脱皮術3:人付き合いの良さ

次に人付き合いの良さです。お誘いがあったら「楽しそうだな」と思った場合は参加するようにしましょう。

そうすれば次回も誘いやすいですし、人脈も広がって一石二鳥です。人との繋がりを広げておくことは大学デビューの手伝いをしてくれます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ