社会人になってからバレンタインデーに告白して 20歳の時 ミッツーさん

好きな人とご飯や飲みには行ったりするものの、特に発展することなく過ごしていた時、このままでは何も始まらないしうやむやな関係だけにはなりたくなかったので、告白を決意しました

しかし、なかなかきっかけが掴めないまま月日はどんどん流れるだけで友達に相談したところ、「バレンタインに告白してみなよ」というアドバイスをもらい告白することにしました。


バレンタインなら告白しやすかった

バレンタインならば、女性が男性に告白することはよく有るために失敗しても冗談だよと誤魔化しがきくから緊張はするかもしれないけれど、軽い気持ちで告白しなと背中を押されバレンタインの日を迎えました。バレンタインの数日前に、2月14日飲みに行こうとメールで誘い、「場所は私が決めとくね」と伝えました。

ガヤガヤした居酒屋は告白するのに無理だと思ったので個室のある居酒屋を予約しました。そして、バレンタインの時に渡すチョコレートは手作りにしようか迷ったのですが、もし失敗したときに、誤魔化しがきかないと思い、手作りは止め、高めのチョコレートを用意しました。

思い切って告白!

当日、待ち合わせ居酒屋でご飯とお酒を飲みお互いが少し酔っぱらって来たかなと言うときに、チョコレートを差し出して「好きなので、付き合いたい。」とストレートに伝えました。

すると、「ええぇ!」と非常に驚かれ友達感覚でしか見ていなかったから正直ビックリしすぎて言葉にならないと言われました。そして、「これからも友達として付き合いたい」とハッキリ言われ結果的に断られ失敗に終わりました。そして、何となくこのままでは気まずいと思いその場で「いや、嘘だから。」と笑って誤魔化しました。

告白してみて・・・

告白をしてみて、とても残念な結果にはなりました。しかし、バレンタインというイベントを利用出来たことでうまく誤魔化せて、そのあと気まずい関係性にならずに済んだので良かったです。女性が告白するならばやっぱりバレンタインだなと思いました。

告白を誤魔化してしまいました。でも、一瞬だけでも本気の相手のリアクションを見る事が出来て、友達として縁がある関係なんだなと諦めがつきスッキリしました。

【都道府県別】脱毛サロンと脱毛クリニック一覧はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ