バレンタイン告白の男性の年代別成功のコツは?

バレンタインバレンタインでの告白。そんなベタな、と思うかもしれませんが、最初に基本を押さえておきましょう。

「男は、女の子のほうから告白されたら間違いなく嬉しいものです。」もちろん、人によって好みはあるし、女の子が苦手な男子もいます。


男は女の子から声をかけられると嬉しい

しかし、多くの世の男子は、女の子から告白されるどころか、女の子から食事やデートに誘われたり、連絡をもらったりすることだってほぼないのです。だから、女子から声をかけられたらそれが誰であろうと「嬉しい」です。

よっぽどのイケメンでよっぽど毎日下駄箱ならラブレターが落ちてくるような男子でない限り、間違いなく「嬉しい」のです。各種いろんなタイプの男子に聞き取り調査をした結果、この点は間違いありません。これは、覚えておくべきことです。そしてこの嬉しさは、他のネガティブな感情を打ち消します。

気にせず声をかけることが重要

だから、女の子たちは、「バレンタインにチョコなんて渡したら面倒がられちゃうかも」とか、「押しの強い肉食女だと思われるかも、恥ずかしい」とか心配する必要はないのです。女子から声をかけられた男子は、そんなこと気にすることなく嬉がります。大丈夫です。この基本を押さえ、変に心配をせず告白する意志を固めましょう。

どうやって告白すればいいの?

しかし、どうやって告白するかは、年齢によって少し違ってきます。ずばり、「義理でも嬉しいのは高校生まで」。

逆に言えば、男子高校生は、義理でも嬉しいんです。義理だって言われたとしても、「またまたー、そうは言っても俺のこと好きなんじゃないの?」と思っちゃって嬉しくなっちゃうんだそうです。

だから、彼らには、いかにかわいく自分をアピールして渡すかが重要です。「義理だからね!」とツンデレに渡しても、「ずっと好きでした(照)」とはにかんで渡しても、根本的な相手の受け取り方は「俺のこと好きなんじゃんやべぇ嬉しい!」で同じです。

であれば、せっかくの女子的なこのイベント、女子度を上げることで非日常性を高め、彼らのこの「女子から告白される」という貴重な体験をさらに稀有なものにすることが、勝利の決め手です。

20代の男性には?

一方、そういう時期を過ぎてしまった20代男性に対しては、「これは本命です」ということをしっかり伝えることが大切です。大学で後輩がたくさんできたり、就職したりすると、義理チョコをたくさんもらいます。

そこで、気づくんだそうです。義理チョコはほんとうに義理なのだと。

だから、もうこの領域の男は、高校生のようにチョコをもらっただけて舞い上がったりはしません。しかし、もらえば嬉しいのです。基本です。ということは、「これは本命です。他に配っている義理とか違います」と、しっかり伝えることが大切です。

言葉で直接伝えるのもいいし、プレゼントにメッセージをそえるのもいいでしょう。どちらにしろ、茶化さず、一瞬でもいいから目を合わせて渡しましょう。恥ずかしいなんて思わなくて大丈夫。相手は、間違いなく嬉しいんですから。

【都道府県別】脱毛サロンと脱毛クリニック一覧はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ