【男性のタイプ別】バレンタインチョコの渡し方

バレンタインバレンタインデーは、女性から男性へ告白する年に一度の大チャンスデーです。この日を逃してはいけないと思います。

勇気を振り絞って、この日にかけてみて下さい。今回は男性のタイプ別にチョコレートを渡す方法を紹介します。


タイプ1:モテる男性に告白する場合

まず、たくさんチョコレートをもらうようなモテる男性に告白する場合です。モテる男性は、女の子に慣れていますし、余裕を持っています。2月14日は、彼は大変忙しいでしょう。

そういう場合は、2月14日じゃなくてもいいと思います。むしろフライングで、13日に渡してもいいくらいです。14日では、彼の印象に残りません。たくさんいる彼のファンの一人と思われてしまいます。そうならないためにも、1日早めにチョコレートを渡すことをお勧めします。

どんなチョコがいいの?

個性的に目立つようなチョコにしてみて下さい。手作りでなくてもいいと思います。手作りはむしろ、付き合って彼女になってからでいいと思います。

あまり親しくない女の子から手作りチョコをもらっても、気味が悪いと思う男性もいます。ラッピングやリボンに凝って、かわいいチョコをあげるのをお勧めします。カードや手紙もぜひ添えて、あなたの熱い思いを彼にぶつけて下さい。ちょっと照れてうまく話せなくても、それもあなたらしくていいと思います。

タイプ2:慣れていない男性に告白する場合

次に、あまりチョコをもらいなれていない男性に告白する場合です。正直、女性慣れしていないと思うので、あまり人気のあるところで渡さない方がいいですね。

こっそり彼に渡して下さい。たくさんの人に見られると彼も照れて困ると思います。二人っきりになれるところで渡した方がいいですね。

チョコレートも正統派のものを渡して下さい。ラッピングも派手すぎず、地味すぎず、ごく普通が一番好まれそうです。カードや手紙はぜひ、添えて下さいね。

タイプ3:今まで友達だった男性に告白する場合

次は、今まで友達だった男性に告白する場合です。ちょっといつもの軽いノリで接するのは止めておきましょう。真面目な気持ちが伝わらなくなります。今日は友達としてではなく、彼氏になってほしいという気持ちを込めて、静かな感じで渡しましょう。

今まで友達だったので、彼の好みは分かっていますよね。彼の好きそうなラッピングセンスで渡して下さい。カードや手紙があったら、とても喜ぶと思います。

バレンタインデーは、いつもは告白できない女の子も、どんどん告白するのはアリだと思います。むしろバレンタインデーを利用するくらいの気持ちで、告白したらいいと思います。きっとあなたの思いが彼に伝わりますよ。

【都道府県別】脱毛サロンと脱毛クリニック一覧はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ