バレンタインデー告白を成功させるチョコの選び方

バレンタイン日本でバレンタインデーと言えば女性が思いを寄せた男性に愛の告白をする日です。

社会人になりますと、礼儀として女性社員が男性社員に感謝の気持ちを込めて義理チョコを渡すという風習もありますが、学生時代などは好きな男の子にチョコを渡して告白するという行為がメインです。


付き合う前の手作りチョコ?

手作りチョコを作って告白したいという女性が多いようですが、実際に手作りチョコを付き合う前に渡すのは控えたほうが良いかもしれません。もちろん、一生懸命作ってくれたものだから食べてくれれば一番なのですが、人によっては潔癖症だったり、他人が作ったものを食べることが出来なかったり、何が入っているかわからないから捨ててしまうなんて人もいるくらいです。

付き合ってからは?

お付き合いを初めてからですと、お互いに安心感もありますから彼女が一生懸命作ってくれたチョコならば喜ぶはずです。しかし付き合う前は相手からも好意がある場合においては手作りチョコも喜ばれますが、そうでない場合は相手にあまり興味や関心がない場合は手作りのチョコは迷惑に思われてしまう可能性もりますから既製品のチョコのほうがもらった側もうれしいのかもしれません。

ポストに入れるのは・・・

恥ずかしいから家を調べてポストに入れたり住所を調べて郵送するということも出来るだけ控えたほうがよいです。下手したらストーカーに間違えられるかもしれまえんから、実際に会って手渡しして告白するのが相手に好意的に思ってもらえる手段かもしれません。

面識があまりないひとは手紙を添えてその中に連絡先やメールアドレスを記載しておけば、相手が嫌に思っていない場合は何かしらのアクションがくるはずです。何もアクションがなかったり連絡がない場合は諦めたほうがよいです。

ただチョコを渡しただけでは告白されたのか、男性側も判断できないので気持ちを伝えるだけで満足な方はしなくてもいいです。なぜなら「付き合いたい・恋人になりたい」と思っている男性が応えやすいように、自分がこの先どうなりたいかを伝えるべきかもしれませんね。

【都道府県別】脱毛サロンと脱毛クリニック一覧はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ