【渡す場所別】バレンタインデーに渡したいチョコの4つの選び方

バレンタインデー「バレンタインデーに告白を」という女子も手ぶらで告白派は少ないと思います。トリュフやガトーショコラといったチョコスイーツをプレゼントしながら告白というのが定番ですよね。ここでは贈るシチュエーションに合わせたレシピ選びについて紹介します。


渡す場所1:学校の帰りに告白する場合

告白するのが夕方の場合放課後や帰り道で告白する場合は、相手が受け取った後チョコを食べやすい環境です。渡してからすぐに食べてもらえる可能性が高いので、「生チョコ」や「ムース」なども候補に入れられます。もちろん、自分が家を出てから長時間持ち歩く場合は溶けたり劣化しやすいレシピは避けましょう。

渡す場所2:朝に告白する場合

告白するのが朝、午前中の場合もしお昼に食べてもらえればラッキーですが、家に帰るまで開封してもらえない可能性もあります。崩れやすいデコレーションやラッピングは避けて、ちゃんと相手が食べるときに最高の状態で食べてもらえるようにしましょう。

「チョコブラウニー」や「カップケーキ」「マカロン」など焼き菓子がオススメです。チョコレートがよければ、「マンディアン」のようにしっかり固まるレシピがいいですね。

渡す場所3:家で告白

自分や相手の家で告白する場合屋外で渡す場合よりも選べるレシピが増えます。

お皿やフォーク、生クリームなどの準備ができるので、「ガトーショコラ」や「トライフル」「チョコフォンデュ」などに挑戦してもよいかもしれません。特にチョコフォンデュはお家ならではの演出でインパクト大です。仲良く一緒に食べられたらサイコーですね。

渡す場所4:デート先で告白

デートに行った先で告白する場合デートとお互いに認識している場合も、二人で遊びに行くぐらいのふんわりした関係の場合も、デートでは大きい荷物は避けたいですよね。わざと大きいケーキを用意してバレンタインを意識してもらうのも一つのテクニックかもしれませんが、相手に一体どんなチョコレートを貰えるんだろうとドキドキさせるために、鞄に収まる小さいギフトボックスで臨むのもアリです。「トリュフ」を2~4粒なら両手に乗るぐらいのボックスで贈ることができます。

シチュエーション別レシピのオススメはいかがでしたでしょうか。相手のことを考えて作るチョコはきっと格別です。ぜひ喜んでもらえるレシピ選びの参考にしてください。

【都道府県別】脱毛サロンと脱毛クリニック一覧はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ