人生の中で一番緊張したバレンタインデー 15歳の時 真亜子さん

バレンタインデー私と彼は幼馴染でした。もうずっと昔から本当に好きで片思いをしていました。

でも一時期周りに冷やかされるのが嫌で距離を置いてしまって、それ以来あまり二人で話すことがなかったです。でも中学校にクラス替えがあり、偶然同じクラスになりました。


同じクラスで話す機会が増えて

そしてちょこちょこ話すことが増えていったのです。一度彼は私の同級生と付き合ったことがあります。

すごく寂しくて切なくて見ているのが辛かったです。この時に恋心を一度諦めかけたのですが、二人はそう時間をかけずに別れてしまって、それ以来彼には彼女ができませんでした。これを見ていて、もしかしたら今が最大のチャンスかもしれないと思いました。

そんな中迎えたバレンタインデーは朝からすごく忙しくて、一生懸命手作りのチョコレートケーキを作りました。私はこの時、趣味がお菓子作りだったので難なくおいしいケーキを作れました。一生懸命かわいくラッピングして後は彼に渡すだけです。

公園で待ち伏せして

学校で渡すことも考えたのですが、学校で渡すと誰かに見られて噂されると恥ずかしいと思いました。ですから学校に行く前に彼の家のそばの公園で待ち伏せしました。

もしこれで彼に会えなかったら、告白はあきらめようと思っていたのです。彼が学校に行くまでには道が二つあってどちらを通るのかわからなかったので、一か八かでした。でも運よく彼が公園の前を通ってくれて一人だったので引き止めることができました。

そして誰もいない公園で告白タイムです。勇気をもってラッピングされたチョコレートケーキを渡して「好きだから付き合ってほしい」というストレートな告白をしました。すると彼はびっくりした顔をした後でOKしてくれたんです。

告白に成功して

その日は本当に幸せすぎて泣きそうになりました。夢かと思うくらいふわっふわしながら彼と一緒に学校に登校しました。

告白の後はずっと動悸が止まらなかったです。そして隣に彼がいるのが嬉しくて、バレンタインに告白して良かったと思いました。気持ち悪いくらい顔がにやけるのが止まりませんでした。

【都道府県別】脱毛サロンと脱毛クリニック一覧はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ